文系人間のためのシステムトレーダー養成所 思考は現実化する
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-10

思考は現実化する

人間は自分が考えたような人間になる。


真実だとおもいますか?



実は真実なんです。今からそのことを書いていきたいと思います。

例えば武士は、自分が責任を取る際に切腹するケースがありました。民主党のおざ○さんとは偉い違いですね。武士が現代の会社を運用していたとして不祥事が発覚したら、切腹する(といってもそのような武士は不祥事しないと思いますが・・)のではないでしょうか。
武士が賞味期限のラベルとか張り替えていたら武士じゃない気がします。


・・・話がちょっと脱線してしまったのですが、

現代人が不祥事をおこしても謝罪をするだけで切腹するなんてことは絶対にありません。し、無理な要求だと思います。 

それでは何故武士は切腹することができたのでしょうか?
それは自己イメージです。

自分は武士なんだ。武士なんだから、武士らしい、節度のある行いをしなければならないのだ。と
常に自分に対して「武士」であるということを思いながら、武士になるわけです。
その自己イメージだけで、自分を殺すことができるのです。


つまりあなたが「だめな人間だ」というふうに自己イメージをもっていたら「だめな人間」になってしまうわけだし、「価値のある人間だ」というような自己イメージをもっていたら価値のある人間になるわけです。

例えばここに権兵衛とクローン権兵衛がいたとしましょう。二人は外見、内面、才能はどれも全く同じだとします。  それでもここで一つだけ条件を変えます。 権兵衛は自分を価値のある人間だと思いこんでいて、クローン権兵衛さんは自分をだめな人間だと思いこんでいるのです。
どのようになるでしょうか。


ケース1 上司に新しいプロジェクトの責任者にならないかと言われた。


権兵衛    自分を価値のある人間だという自己イメージをもっているわけですから、引き受けます。
         「自分はそういう大きな責任のある仕事をやるだけの価値がある男だ!」

クローン権兵衛 なんだかんだでいろいろ言い訳をして迷ったあげく引き受けません。
          「僕なんかがやっても無理だよ。。」

結果

ここで大事なのは権兵衛もクローン権兵衛も能力の差は全くないということです。
権兵衛は成功するかもしれませんし失敗するかもしれませんが、クローン権兵衛は成功すること自体をもう諦めています。 権兵衛は成功すれば新しいチャンスが手に入るでしょうし、失敗しても、責任を任された中でいろいろ考えたりしたでしょうから、経験値はのこります。次にまたそういう機会があった時は、もっとうまくやれるようになっているでしょう。


ケース2 休日のだらだら過ごしてしまった。
権兵衛      「今日はだらだらしてしまった。明日から気合いを入れなおそう」

クローン権兵衛 「今日は休みでよかった!今週は疲れたからなぁ。明日は仕事かぁ。。」

ケース3 休日勉強をしている。
権兵衛     「勉強をして充実感のある1日だ。ここ難しいな・・・。なんだ?調べてみるか。。」

クローン権兵衛「俺らしくもなく勉強してるよ。あれ、これ意味わかんないぞ。やっぱり俺にはわからな
          いや」

人間の行動パターンは簡単です。痛みを避けて、快楽を求めるのです。
権兵衛の場合の痛みはだらだら休日をすごすことで、快楽は勉強すること。
クローン権兵衛の場合は痛みは勉強することで快楽は休日ごろごろすることです。

何故同じ人間なのにこのような違いが生まれてくるのかというのは、自己イメージに起因しています。
人間は自分の自己イメージと違う行動をとると嫌悪感を自然ともつものだからです。
武士の例で言うと「恥」が痛みであり、「誉れ」が快楽です。
恥をさらすくらいならば死んだ方がマシ、賞味期限切れのラベルを張り替えて儲けるくらいなら極貧に甘んじていたほうがマシだというほど、誇り高い自己イメージを形成していたわけです。
ですので、自然と自分が描いた自己イメージ通りの人間の行動を取るようになっています。


ケース4 好きな人ができた。

権兵衛      とりあえずデートに誘います。「僕は君にふさわしい人間だ。」

クローン権兵衛 何もしません。「僕なんかがいったって迷惑だ。。」

結果  
繰り返しになりますが、ここで大事なのは二人の外見は全く変わらないことです。迷惑かどうかは相手が決める問題で自分が決める問題ではありません。 結果1と同じようなことがいえます。



以上のことを積み重ねて20年ほどするとどうなると思いますか?自分は価値のある人間だと思いこんでいた権兵衛の能力はどんどん向上していき、本当に「価値のある人間」になるでしょう。

一方、自分は駄目な人間だと思っているクローン権兵衛は20年前とほとんど変わっておらず、周りはどんどん出世している中で、新入社員と同じような仕事をさせられています。思ったとおり、「駄目な人間」になってしまいました。

自己イメージという条件を一つ変えるだけで、それ以外の条件はすべて同じなのに、結果は180度かわってきます。

それでも自分はいつも失敗ばかりしてるし、価値のある人間だなんて思っても周りはそう思ってるわけでもないし今更自己イメージを変えられないよ。

という方もいらっしゃるかもしれません。
大丈夫です。
人間なんていつでも変われます。自己イメージを変えることも、自分が強く願い、諦めなければ可能です。バリバリ自分の意見を言う人が昔はシャイだったなんてこと周りを見渡したらば結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ひとは皆自分に自信を失ったり、うまくいかなかったりすることがあるものです。
僕もすごく落ち込んでしまい、もう駄目なんじゃないかと思ったこともありました。
それでもどんなにうまくいかなくても、周りから心無いことをいわれても、自分だけは自分の信念を、優しく抱きしめてあげてください。自分を見捨てないで、信じてあげてください。
信じ続ければ、それはいつの間にか現実になるんですよ。


今日もお疲れ様でした。明日はきっといい日だと思います。




ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

今回のまとめ。
人間は自分の思ったような人間になる。
クローンBさんが、何もしないでいると、周りが成長しているなか取り残されたように、現状維持はリスクである。
自分がお金持ちであるという自己イメージを持っていれば本当に金持ちになりますということを書くつもりで書きだしたのですが脱線してしまいました。


参考文献
思考は現実化する
最近成功法則等が流行っていますが、これ一冊で基本はすべて押さえていると思います。すべての方にお勧めします。



押していただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


theme : 心と幸せ
genre : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。